Menu

FACE展 2020

損保ジャパン日本興亜美術賞展


42階で開催する最後の展覧会です。

第8回目となる現代絵画のコンクール展です。
「年齢・所属を問わない新進作家の登竜門」として、全国より応募された作品から、国際的に通用する可能性を秘めた入選作品約70点(内受賞作品9点)を展示します。様々な技法やモチーフで時代の感覚を捉えた「真に力があり、将来国際的にも通用する可能性を秘めた」作品をお楽しみください。会期中、観覧者投票による「オーディエンス賞」の選出を行います。

開催概要

会期
2020年2月15日(土)~3月15日(日)
休 館 日
月曜日(ただし2月24日は開館、翌火曜日も開館)
会場
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
〒160-8338新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
開館時間
午前10時-午後6時
※入館は午後5時30分まで
観覧料、前売券情報
■観覧料 ( )内は20名以上の団体料金
600円(500円)
高校生以下:無料 ※学生証、生徒手帳をご提示ください

※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添いの方1名は無料。被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料。
主催
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社
協賛
損保ジャパン日本興亜

審査員(敬省略、順不同)

堀元彰(東京オペラシティアートギャラリー チーフ・キュレーター)、山村仁志(東京都美術館学芸担当課長)、野口玲一(三菱一号館美術館学芸員)、椿玲子(森美術館キュレーター)、中島隆太(当館館長)