Menu

生誕140年

吉田博展

山と水の風景

「絵の鬼」と呼ばれ、水彩で、油彩で、木版画で世界に挑み続けた画人。ダイアナ妃や精神医学者フロイトも魅了した。

明治から昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博(1876‐1950)の生誕140年を記念する回顧展です。
福岡県久留米市に生まれた吉田博は、10代半ばで画才を見込まれ、上京して小山正太郎の洋画塾不同舎に入門します。仲間から「絵の鬼」と呼ばれるほど鍛錬を積み、1899年アメリカに渡り数々の作品展を開催、水彩画の技術と質の高さが絶賛されます。その後も欧米を中心に渡航を重ね、国内はもとより世界各地の風景に取材した油彩画や木版画を発表、太平洋画会と官展を舞台に活動を続けました。
自然美をうたい多彩な風景を描いた吉田博は、毎年のように日本アルプスの山々に登るなど、とりわけ高山を愛し題材とする山岳画家としても知られています。制作全体を貫く、自然への真摯な眼差しと確かな技量に支えられた叙情豊かな作品は、国内外の多くの人々を魅了し、日本近代絵画史に大きな足跡を残しました。
本展では、水彩、油彩、木版へと媒体を展開させていった初期から晩年までの作品から200余点を厳選し、吉田博の全貌とその魅力に迫ります。

※会期中に展示替えあり(2回目以降は使用済みの有料観覧券の提出で割引あり)
【前期】7月8日(土)~7月30日(日) 
181点(全期展示115点+前期のみ展示66点)

前期作品リストはこちら(PDF)
【後期】8月1日(火)~8月27日(日)
181点(全期展示115点+後期のみ展示66点)

後期作品リストはこちら(PDF)

ケンジントン宮殿の中にある執務室のダイアナ妃
(英国皇室専門誌「Majesty」1987年」より、写真提供:吉田司)
壁に吉田博の2点の木版画が掛けられています。
(左:《猿澤池》(1933年)、右:《瀬戸内海集 光る海》(1926年、本展出品作))

■巡回先の上田市立美術館(6月18日に終了)で連載されたコラム週刊Yoshida

展覧会だけでは知ることができないエピソードが満載です。是非ご覧ください。

■会場で上映している「吉田博の木版画」映像(約3分)

木版画の摺りの工程が分かりやすく説明されています。

開催概要

会期
2017年7月8日(土)~8月27日(日)
休 館 日
月曜日(ただし7月17日は開館、翌18日も開館)
会場
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
開館時間
午前10時-午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料
■観覧料 ( )内は20名以上の団体料金および前売り料金
一 般:1,200円(1,000円)
大・高校生:800円(650円)  ※学生証をご提示ください
65歳以上:1,000円     ※年齢のわかる物をご提示ください
中学生以下:無料      ※生徒手帳をご提示ください

※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料。被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料。
※2回目以降は使用済みの有料観覧券の提出で、一般800円、大学・高校生500円、65歳以上800円。
主催
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、毎日新聞社
協賛
損保ジャパン日本興亜、ニューカラー写真印刷
特別協力
福岡市美術館
協力
モンベル
前売券情報
◇東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 受付
【販売期間】2017年4月22日(土)~6月25日(日)まで◇チケット取扱所
【販売期間】2017年6月17日(土)~8月26日(土)まで

チケットぴあ Pコード:768-446

ローソン Lコード:32133

セブンイレブン セブンコード:056-410

イープラス

チケットポート

開催期間中のイベント

講演会【申込は締切ました】

講師
安永幸一(元福岡市美術館副館長)
日時
7月22日(土)午後2時から1時間半程度(午後1時30分開場)
場所
2階大会議室(美術館と同じビル内)
定員
200名程度
※抽選のうえ当選者のみ7月15日までに聴講券をお送りいたします。
料金
無料

ワークショップ【申込は締切ました】

講師
吉田司(版画家・吉田版画アカデミー主宰・吉田博令孫)、沼辺伸吉(伝統木版画摺師)
日時
8月6日(日)
①午後1時~2時30分
②午後3時~4時30分
※各回とも内容は同じです。
対象
小学生から大人の方まで(初心者)
場所
1階ロビー
定員
各回20名程度
※抽選のうえ当選者のみ7月24日までに参加券をお送りいたします。
料金
無料

ギャラリートーク【当日自由参加】

当館学芸員が展示室で作品解説を行います(30分程度)。
料金:観覧料のみ
日時:7月14日(金)、7月28日(金)いずれも午後4時から

【夏休み特別企画】ふぁみりー★で★とーく・あーと【申込は締切ました】

夏休みに仲間や家族で美術館へ行ってみませんか?もちろんお一人での参加も歓迎します。休館日(貸切)の美術館で、作品を見ながらボランティアガイドや仲間とお話ししてみましょう。感じたこと、考えたこと、見つけたことを話しながら作品を見る、参加型の鑑賞方法を体験できます。

詳しくはこちらをご覧ください

日時
8月21日(月・休館日)
①午前9時30分~11時30分
②午後2時~4時
※各回「対話による鑑賞会」と「自由鑑賞」各1時間程度
対象
お子様から大人の方まで
※小学生以下の方は、保護者の参加が必要です。
定員
各回30名程度
※抽選のうえ当選者のみ8月15日までに参加券をお送りいたします。
料金
参加費 1,000円のみ(観覧料不要)
※中学生以下無料、展覧会チケットやその他割引等の利用はできません。

※休館日のため、ミュージアムショップは利用できません。

主な作品

《冬木立》
明治27‐32(1894‐99)年
水彩、紙
横浜美術館蔵
《ヴェニスの運河》
明治39(1906)年
油彩、カンバス
個人蔵
《雲海に入る日》
大正11(1922)年
油彩、カンバス
個人蔵
《穂高山》
大正期
油彩、カンバス
個人蔵
《日本アルプス十二題 劔山の朝》
大正15(1926)年
木版、紙
個人蔵
《瀬戸内海集 帆船 朝》
大正15(1926)年
木版、紙
個人蔵
《渓流》
昭和3(1928)年
木版、紙
千葉市美術館蔵
《印度と東南アジア フワテプールシクリ》
昭和6(1931)年
木版、紙
個人蔵