Menu

フィレンツェ ピッティ宮近代美術館コレクション

トスカーナと近代絵画

も う ひ と つ の ル ネ サ ン ス

現在のトスカーナ州とその州都であるフィレンツェは、ルネサンス芸術の発祥地として有名です。しかし、1861年のイタリア王国建設や二度の世界大戦をふくむ激動の19~20世紀においても、この地が重要な芸術活動の拠点となったことはあまり知られていません。本展覧会はピッティ宮近代美術館の絵画約70点によって、フィレンツェとトスカーナに焦点をあてたイタリア近代絵画の展開を日本で初めて系統的にご紹介します。

ピッティ宮近代美術館とは
La Galleria d’Arte Moderna di Palazzo Pitti
ピッティ宮は、フィレンツェのアルノ河畔に位置し、16世紀から20世紀初頭までメディチ家をはじめとする歴代統治者の住居でした。
近代美術館は、ピッティ宮の最上階である3階に1924年に開設され、主にトスカーナの18~20世紀の絵画と彫刻群を収蔵しています。なかでもマッキアイオーリについては、運動を支援した批評家ディエーゴ・マルテッリが1894年の死去に際して遺贈した初期の重要な作品群をはじめ、代表的作家の作品を網羅しています。
なお、ピッティ宮は、ヴェッキオ橋に並ぶ店舗の上を通る「ヴァザーリの回廊」によって対岸のウフィツィ美術館とつながっています。また、2階部分を占めるパラティーナ美術館は、ラファエッロやティツィアーノなど16世紀ルネサンス絵画のコレクションで知られています。

作品リストはこちら(PDF)

開催概要

会期
2013年9月7日(土)~11月10日(日)
月曜休館(ただし9月16日、23日、10月14日、11月4日は開館)
お客様感謝デー無料観覧日:10月1日(火)
会場
損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン本社ビル42階
開館時間
午前10時-午後6時、 金曜日は午後8時まで(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一  般:1000円(800円)
大・高校生:600円(500円)   ※学生証をご提示ください
シルバー(65歳以上):800円 ※年齢のわかる物をご提示ください
中学生以下:無料   ※生徒手帳をご提示ください
障害者無料
※障害者手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者手帳)のご提示によりご本人とその介護者(1名まで)は無料。ただし、被爆者健康手帳をお持ちの方は、ご本人のみ無料。
※( )内は20名以上の団体料金 および前売り料金
※前売り券はチケットぴあ、ローソン、セブンイレブン、ミュージアムカフェでお求めください(8月31日発売)
主催
損保ジャパン東郷青児美術館、読売新聞社
協賛
損保ジャパン、日本興亜損保、みずほ銀行、共済企画センター
後援
イタリア外務省、イタリア大使館、イタリア文化会館
協力
アルテリア、日本通運、アリタリア-イタリア航空、日本貨物航空
企画協力
アートプランニング レイ

開催期間中のイベント

ギャラリートーク

当館学芸員が展示室で作品解説を行います。
料金:観覧料のみ 当日自由参加
9月14日(土)午後1時30分から / 9月20日(金)午後5時30分から

ギャラリー★で★トーク・アート

休館日に貸切の美術館で、ボランティアガイドと対話をしてみませんか?作品解説を聞くのではなく、参加者が作品を見て、感じ、思うことを話しながら楽しむ参加型の作品鑑賞会です。

日時:
10月21日(月) 午前10時から2時間程度(対話鑑賞と自由鑑賞 各1時間程度)
対象:
大人の方からお子様まで 定員:20名程度
料金:
参加費800円のみ
(中学生以下無料、展覧会チケットやその他割引等の利用はできません)

(中学生以下無料、展覧会チケットやその他割引等の利用はできません)
※休館日のため、ミュージアムショップの利用はできません。
※参加希望者はHP・はがきに「郵便番号・住所・氏名・人数と各年齢」をご記入の上10月4日必着で当館「トスカーナ展トーク・アート係」宛にお申し込みください。抽選のうえ当選者のみ10月15日までに参加券をお送りします。
【参加お申し込み方法】 申込受付は終了いたしました。

講演会

開催記念日伊講演会『トスカーナと近代絵画』

日時:
9月7日(土)午後3時から(午後2時30分開場)
会場:
イタリア文化会館

(詳細、またはお申込は右記メールアドレスへ eventi.iictokyo@esteri.it) 終了いたしました。

展示構成と主な出品作家(予定)

展示会場は4章で構成され、1章では19世紀前半からイタリア統一までのトスカーナの美術を概観し、2章ではリソルジメントが生んだフィレンツェの美術運動マッキアイオーリの革新性を象徴する小品群をクローズアップ、3章では統一後の様々なトスカーナ絵画を、4章では統一後のイタリア絵画の主な画家たちをご紹介します。

1章
トスカーナのロマン主義絵画にみる歴史と同時代性 ジュゼッペ・ベッツォーリ、エンリコ・ポッラストリーニ、アンドレア・ピエリーニ、アントニオ・フォンタネージ、アントニオ・チーゼリ、ドメニコ・モレッリ
2章
新たなる絵画 マッキアイオーリ ジョヴァンニ・ファットーリ、ジュゼッペ・アッバーティ、ラファエッロ・セルネージ、ヴィンチェンツォ・カビアンカ、テレマコ・シニョリーニ
3章
トスカーナにおける19世紀と20世紀絵画の諸相 プリニオ・ノメッリーニ、フランチェスコ・ジョーリ、ヴィットリオ・コルコス、ガリレオ・キーニ、オットーネ・ロザイ、プリモ・コンティ
4章
20世紀の画家たち: イタリア絵画の立役者たちとその傾向 ジョルジョ・デ・キリコ、フィリッポ・デ・ピシス、ジュゼッペ・カポグロッシ、カルロ・カッラ、マリオ・シローニ、アルベルト・サヴィーニオ

主な作品

ジュゼッペ・ペッツォーリ
《自画像》1818年頃
油彩・キャンヴァス
アントニオ・フォンタネージ
《サンタ・トリニタ橋付近のアルノ川》1867年
油彩・キャンヴァス
ジョヴァンニ・ファットーリ
《従姉妹アルジア》1861年頃
油彩・紙
ラファエッロ・セルネージ
《麦打ち場》
油彩・キャンヴァス
テレマコ・シニョリーニ
《少年の頭部》
油彩・板
ジョヴァンニ・コステッティ
《物思いに耽る女性》1921年
油彩・板に貼られた紙
ガリレオ・キーニ
《ドック(船渠)》1942年
油彩・板
オットーネ・ロザイ
《山と農家》1944年
油彩・キャンヴァス