Menu

損保ジャパン東郷青児美術館所蔵作品展

絵画をめぐる7つの迷宮

終わりのない探求

迷宮とは、かんたんには出口へたどり着けない複雑な宮殿のことです。魅力ある膨大な作品に満ちた芸術の世界もまた迷宮のようなもの。
所蔵作品を7つのテーマに分ける本展は、画家達が思い思いの探求をした絵画がならぶコーナーを迷宮に見立てました。常設コーナーのゴッホ、ゴーギャン、セザンヌと、東郷青児はもちろん、アンフォルメルの作家として活躍した堂本尚郎、国際的に評価の高い前衛グループ「具体」のメンバーであった元永定正、雑誌『フォーカス』の表紙で知られた三尾公三など、19世紀から現代までの絵画約70点をご紹介いたします。なかでもそれぞれに個性的な世界観をもつ現代の絵画群をゆったりとご覧いただけるのは、所蔵作品展ならでは。非日常的な空間をさ迷うひとときを、ぜひお楽しみください。

開催概要

会期
2012年11月17日(土) - 12月24日(月・祝)
月曜休館(ただし12月24日は開館)
会場
損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン本社ビル42階
開館時間
午前10時-午後6時(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般:500円(400円)、大・高校生:300円(200円)
中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
障害者無料
※障害者手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者手帳)のご提示によりご本人とその介護者(1名まで)は無料。ただし、被爆者健康手帳をお持ちの方は、ご本人のみ無料。
主催
損保ジャパン東郷青児美術館
協賛
損保ジャパン

開催期間中のイベント

ギャラリー★で★トーク・アート

休館日の展示室で参加者がボランティアガイドと対話を楽しみながら作品鑑賞します。

日時
12月10日(月)14時から1時間程度
対象
大人の方からお子様まで
定員
20名程度
料金
観覧料のみ

【参加お申し込み方法】 参加のお申し込み受け付けは終了いたしました。

主な作品

【妖精の迷宮】
東郷青児
《超現実派の散歩》
1929年
【人物の迷宮】
岸田劉生
《自画像》
1913年
【風景の迷宮】
山本貞
《反映》
1998年
【色と形の迷宮】
佐野ぬい
《二つの青のシネマ》
2002年
【描写の迷宮】
森秀雄
《偽りの青空―MY DREAM LAND(2)》
(G.SEGAL「GIRL ON BLANKET」)
1986年
【絵画の迷宮】
小杉小二郎
《月・追憶》
2005年
【画家の迷宮】
フィンセント・ファン・ゴッホ
ひまわり
1888年