Menu

アントワープ王立美術館所蔵

ジェームズ・アンソール

写実と幻想の系譜

ジェームズ・アンソール(1860~1949)は、ベルギー近代美術を代表する画家のひとりです。仮面や骸骨など、グロテスクなモティーフを用いながら人間の心の奥底に潜む感情を独創的に表現し、シュルレアリスムや表現主義など、後の絵画運動に影響をあたえました。その一方で、アンソールは伝統的なフランドル絵画や、外光主義をはじめとする19世紀の主要な絵画運動から影響を受けていました。本展覧会は世界で最も多くアンソールの作品を所蔵するアントワープ王立美術館のコレクションより、素描を含む約50点のアンソール作品をフランドルや同時代の画家の作品と共に展示し、アンソールの芸術を生み出した写実と幻想の系譜をたどります。

※ 展示替の為、10/23~「ワーテルローの胸甲騎兵」は展示されません。
何卒、ご了承ください。

開催概要

会期
2012年9月8日(土) -11月11日(日)
月曜休館(ただし9月17日、10月1日、8日は開館)
お客様感謝デー無料観覧日:10月1日(月)
会場
損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン本社ビル42階
開館時間
午前10時-午後6時、 金曜日は午後8時まで(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般:1000円(800円)
大・高校生:600円(500円) ※学生証をご提示ください
65歳以上800円 ※年齢のわかる物をご提示ください
中学生以下無料 ※生徒手帳をご提示ください
障害者無料
※障害者手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者手帳)のご提示によりご本人とその介護者(1名まで)は無料。ただし、被爆者健康手帳をお持ちの方は、ご本人のみ無料。
※( )内は20名以上の団体料金 および前売り料金
※前売り券はチケットぴあ、ローソン、セブンイレブンでお求めください
(9月1日から11月10日まで販売)
主催
損保ジャパン東郷青児美術館、NHK、NHKプロモーション、東京新聞
協賛
損保ジャパン
後援
ベルギー王国大使館
協力
KLMオランダ航空

開催期間中のイベント

講演会

開催記念講演会「アントワープ王立美術館コレクションとアンソール」
無料・定員200名(要申込)

【講師】
ポール・ユベンヌ(アントワープ王立美術館館長)
【日時】
9月8日(土) 14:00~(13:30開場)
【場所】
損保ジャパン本社ビル2階(美術館と同じビル)
【聴講お申し込み方法】
聴講のお申し込み受け付けは終了いたしました。

ギャラリートーク/当館学芸員による解説(当日自由参加)

【一般対象】
9月14日(金)/9月21日(金)いずれも午後5時30分から
【小・中学生と保護者対象】
9月15日(土)午後1時30分から

ギャラリー★で★トーク・アート

休館日に展示室内でボランティアガイドと参加者が対話を楽しみながら作品鑑賞します。

日時
9月24日(月)14時から1時間程度
対象
大人の方からお子様まで
定員
20名程度
料金
観覧料のみ

【参加お申し込み方法】 参加のお申し込み受け付けは終了いたしました。

番組放映

Eテレ 「日曜美術館」アートシーン 9月23日(日)9:45~(再放送 20:45~)
BS日テレ 「ぶらぶら美術・博物館」 9月25日(火)20:00~
番組放映は終了いたしました。

音声ガイド

500円(税込)(制作:宮下事務所)
解説作品 22点、所要時間約 32分
(注) 10/23~「ワーテルローの胸甲騎兵」は展示されませんので解説作品数が21点に変更されます。 ご了承ください。

主な作品

ジェームズ・アンソール
《陰謀》
1890年
ジェームズ・アンソール
《首吊り死体を奪い合う骸骨たち》 1891年
ジェームズ・アンソール
《絵を描く骸骨》
1896年頃
ジェームズ・アンソール
《イーゼルに向かう自画像》
1890年頃
ジェームズ・アンソール
《レンブラント’驚いた表情の自画像’の模写》
1884-86年頃
ペーテル・パウル・ルーベンス
《ミネルヴァ》
1630年
レオン・フレデリック
《ふたりのワロン地方の農家の子ども》
1888年
ピーテル・ブリューゲル(子)
《七つの善行》
1616年以前

All works : Lukas-Art in Flanders vzw / KMSKA