Menu

東日本大震災チャリティー企画

日本赤十字社所蔵アート展

東郷青児、梅原龍三郎からピカソまで-復興への想いをひとつにして

日本赤十字社は、明治10年の西南戦争の折、負傷した人々を敵味方の区別なく救護するために誕生し、以来130年余りにわたり、国内外で様々な人道支援活動を展開してきました。その日赤に100点余の美術品があることはあまり知られていません。それらは、赤十字思想や戦前の活動を表わした絵画と、創立100周年記念に名だたる美術家達から寄贈された絵画・彫刻・工芸から成っています。寄贈のきっかけが東郷青児にあることから、このたび当館では寄贈絵画群を一堂に展示し、あわせて貴重な記録画を通じ日赤の成り立ちと活動をご紹介する運びとなりました。皆さまの観覧料は、東日本大震災で被災された方々の生活再建を願い、義援金として日赤に寄付いたします。秘蔵の名品を味わうと同時に、復興へのご支援を賜れば幸いです。

作品リストはこちら(PDF)

開催概要

会期
2012年1月7日(土)~2月19日(日)
月曜定休(ただし1月9日は開館)
会場
損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル42階
閉館時間
午前10時から午後6時まで
※入館は閉館の30分前まで
※開館時間等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
観覧料
一般500円(400円)、大学・高校生300円(200円)、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催
損保ジャパン東郷青児美術館
協賛
損保ジャパン
協力
日本赤十字社

主な作品

小磯良平
《集い》1977年
東山魁夷
《晴れゆく朝霧》1979年
結城天童
《爛漫(月山)》制作年不明
東郷青児
《ナース像》1974年
T.UCHINO
《博愛社救護所》制作年不明