Menu

ベルギー王立美術館コレクション

ベルギー近代絵画のあゆみ

ヨーロッパの北西に位置するベルギーでは、フランドル地方と呼ばれた時代からファン・エイクやブリューゲル、ルーベンス、ヴァン・ダイクなど優れた芸術家を輩出し、ヨーロッパ絵画を代表する作品が描かれて来ました。

19世紀に入ってからもレアリスムや印象派、フォーヴィスムなど隣国フランスの絵画運動を取り入れつつ、冷たい北方の気候を描いた風景画、神秘的な室内画、流麗な装飾芸術など、ベルギー独自の芸術が展開しました。

本展覧会ではベルギーの首都ブリュッセルにあるベルギー王立美術館のコレクションから、ベルギーならびにフランスの画家による油彩画約70点を展示し、19世紀におけるベルギー絵画のあゆみをご紹介致します。

開催概要

会期
2009年9月12日(土)~11月29日(日)
月曜定休 ただし9月21日、10月12日、11月23日は開館
※10月1日はお客様感謝デー無料観覧日
会場
損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル 42階
開館時間
午前10時から午後6時まで、金曜日は午後8時まで
*入場は閉館の30分前まで
観覧料
一般1000(800)円
大学・高校生600(500)円
シルバー<65歳以上>800円
中学生以下無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
※前売り券はチケットぴあ、ローソン等でお求め下さい(8月29日発売)
主催
損保ジャパン東郷青児美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、ベルギー王立美術館
協賛
損保ジャパン、ライオン、清水建設、大日本印刷
後援
ベルギー大使館
協力
日本航空

開催期間中のイベント

ギャラリートーク

小・中学生と父母対象
9月19日(土)、9月26日(土)
いずれも午後1時30分~
一般対象
9月18日(金)、9月25日(金)
いずれも午後5時30分~

上映会

開催記念上映会 「タンタンの冒険」(DVD、発売元(株)TBSサービス) 無料・定員250名様 ベルギーの首都ブリュッセルのラブラドル通り26番地に暮らす少年レポーターのタンタンと相棒の白い犬スノーウィが世界中を旅行し、事件に巻き込まれます。彼らの冒険をお楽しみください。

日時
10月10日(土)~12日(月・祝)
いずれも午後2時~(13時30分開場)
場所
損保ジャパン本社ビル2階(美術館と同じビル)

主な作品

テオフィル・ファン・レイセルベルヘ
《散歩》 1901年
ピエール・ボナール
《逆光の中の裸婦》1908年頃
アルフレッド・シスレー
《ルーヴシエンヌの道》1873-74年
アンリ・エヴェヌプール
《ルイ=シャルル・クレスパンの肖像》1895年
イジドール・ヴェルヘイデン
《昼食》1905年頃