Menu

没後80年 岸田劉生

肖像画をこえて

岸田劉生(1891-1929年)は、ゴッホやセザンヌらの感化をうけて自己表現としての絵画をめざしました。しかし、じきに古典的な写実に変わり、風景、静物、肖像に忘れがたい作品をのこしました。写実への移行は、自画像とならんで手当たりしだいに友人を描いた時期におきています。自己表現のために「自分」を見つめれば見つめるほど、逆に「他人」も気になってくる・・・劉生の写実は、近代的な自己の意識に支えられていました。

のちに愛娘・麗子をくりかえし描いた劉生は、画家にとって人間の顔ほど興味深いものはないと語っています。人間の顔は、美の奥深い世界への入口だったのです。没後80年にあたるこの展覧会では、劉生の自画像と肖像画だけを約80点集め、人の顔を描くことを通して深化していく劉生の「写実の道」をたどります。

開催概要

会期
2009年4月25日(土)~7月5日(日)
月曜定休 ただし5月4日は開館
会場
損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル 42階
開館時間
午前10時から午後6時まで、金曜日は午後8時まで
*入場は閉館の30分前まで
観覧料
一般1000(800)円
大学・高校生600(500)円
シルバー<65歳以上>800円
中学生以下無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
※前売り券はチケットぴあ、ローソン等でお求め下さい(4月11日発売)。
主催
損保ジャパン東郷青児美術館、日本経済新聞社
協賛
損保ジャパン、昭和シェル石油

開催期間中のイベント

ワークショップ

1階ロビーにて(参加無料)
「顔を描こう」
自分の顔?家族の顔?友達の顔? よ~く見てみよう。そして描いてみよう!
5月1日(金)~5月7日(木) 11時~17時(16時半申し込み締め切り)
※上記時間内にご自由に参加できます。

ギャラリートーク

小・中学生と父母対象
5月2日(土)午後1時30分~
5月3日(日)午後1時30分~
一般対象
4月29日(水・祝)午後1時30分~ 5月1日(金)午後5時30分~

主な作品

《自画像》 1913年
油彩、キャンヴァス
損保ジャパン東郷青児美術館
《麗子肖像(麗子五歳之像)》 1918年
油彩、キャンヴァス
東京国立近代美術館
《古屋君の肖像(草持てる男の肖像)》 1916年
油彩・キャンヴァス
東京国立近代美術館
《画家の妻》 1915年
油彩・キャンヴァス
大原美術館