Menu

損保ジャパン東郷青児美術館大賞受賞記念

「元永定正展」

元永定正氏は1922年、三重県上野市(現伊賀市)に生まれました。当初は漫画家を志していましたが洋画に転向、1955年に前衛美術グループ「具体美術協会」に参加、戦後の日本美術界におけるアヴァンギャルドの旗手として活躍し、鮮やかな色彩と流動的なスタイルを確立しました。その後も独自の抽象絵画芸術を展開、既成概念にとらわれることなく多彩な技法・表現方法を取り入れた自由で斬新な作品を発表し続け、日本の現代美術を代表する作家として現在も第一線で活躍されています。

本展覧会では受賞作を中心に約60点を展示、元永定正氏の画業をご紹介いたします。

開催概要

会期
2009年1月10日(土)~2月22日(日)
月曜定休 ただし1月12日は開館
会場
損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル 42階
開館時間
午前10時から午後6時、入館は5時30分まで
観覧料
一般500(400)円
大学・高校生300(200)円
中学生以下無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
主催
損保ジャパン東郷青児美術館
協賛
損保ジャパン
後援
読売新聞東京本社

主な作品



《いろ いきてる!》
全17点中3点 2006年 アクリル・厚紙
《まんなかはきいろいしかく》
2007年 アクリル、キャンヴァス