Menu

甘美なる聖母の画家

ペルジーノ展

~ラファエロが師と仰いだ神のごとき人~

*レオナルド・ダ・ヴィンチ、ボッティチェッリの兄弟弟子
1500年当時「イタリア最良の画家」と呼ばれた

 本展は、地方色豊かなイタリア文化をひもとくルネサンス展の第二弾です。一昨年のプラートにつづき、今回は緑豊かなウンブリア州の古都ペルージャから、ペルジーノ(ペルージャの人)と呼ばれた画家ピエトロ・ヴァンヌッチ(1450頃~1523)をご紹介します。

開催概要

会期
2007年4月21日(土)~7月1日(日)
月曜定休 ただし4月30日(月・祝)は開館
会場
損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル 42階
開館時間
午前10時から午後6時まで、金曜日は午後8時まで
*入場は閉館の30分前まで
観覧料
一般1000(800)円
大学・高校生600(500)円
シルバー(65歳以上)800円
*中学生以下は無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
※前売り券はチケットぴあ、ローソン等でお求め下さい(4月7日発売)。
主催
損保ジャパン東郷青児美術館、日本経済新聞社
協賛
損保ジャパン
後援
イタリア大使館、イタリア文化会館
協力
アリタリア航空、日本通運
企画協力
アートプランニング レイ

ペルジーノについて

レオナルド・ダ・ヴィンチの兄弟弟子

ペルジーノの生涯はルネサンスの立役者たちに彩られています。修業時代の後期をすごしたフィレンツェのヴェロッキオ工房には、ボッティチェッリやレオナルド・ダ・ヴィンチがいました。システィーナ礼拝堂壁画ではボッティチェッリ、ギルランダイオ、シニョレッリらと共にもっとも多くの壁面を手がけ、のちにミケランジェロと口論したエピソードも残っています。彼を「レオナルドと同じくらいの名声を得ている神のごとき画家」と称えた画家ジョヴァンニ・サンティの息子ラファエロは若い頃にペルジーノ工房に加わり、深い影響を受けました。妻は、ブルネレスキの後継者でピッティ宮殿造営に関わった建築家ファンチェッリの娘キアラです。

もっとも成功した画家のひとり

ペルージャとフィレンツェの二都に大工房をかまえ、教皇をふくむイタリア中の有力者から注文を受けました。シエナの実業家アゴスティーノ・キージは1500年の書簡の中で「イタリア最良の画家」と述べ、伝記作家ヴァザーリはその作風を“新しく生気に溢れた美”と形容しました。代表作はローマのヴァチカン宮殿システィーナ礼拝堂壁画、ペルージャのコッレージョ・デル・カンビオ(両替商館)の壁画、パリのルーヴル美術館にある≪聖セバスティアヌス≫≪アポロとマルシュアス≫、ミュンヘンのアルテ・ピナコテークにある≪聖ベルナルドゥスの幻視≫など。一時期ペルージャの執政官もつとめたペルジーノは、市居の工房の親方画家としてはもっとも稼ぎ、社会的に成功した一人に数えられます。

ウンブリア派/古典主義の草分け

ペルジーノの甘美な作風は、おもにウンブリア派の清澄な色彩と、古代ローマ美術に対するフィレンツェ人の熱意を融合させたものです。それはイタリア人の理想美への愛と、天上への憧憬を共に表現する当時もっとも成功したヴィジョンでした。それはラファエロに受けつがれ、盛期ルネサンス時代のローマで花開きます。そして各国へ伝播し、以後300年ちかくヨーロッパの美の規範となるのです。本展ではボンフィーリやカポラーリなどのペルージャで活動した画家たちの作品もあわせて展示し、盛期ルネサンス芸術に流れ込んだウンブリア派の系譜をご紹介します。

なぜあまり知られていないのでしょう?

ペルジーノが生きた1500年前後は、職人階級であった画家が教養ある芸術家へと地位の向上を求めた過渡期でした。レオナルドやミケランジェロが思索をめぐらす一方で、ペルジーノは定評をえた作風を後半生にシステマティックな制作方法へと展開し、大量の受注を実現しました。そして、まさにそれゆえに、芸術家の精神性を重視する後世には冷遇されたのです。しかし美術界では近年、苦悩する天才というロマンティックな芸術家像をのりこえるように、プロジェクトを進めるリーダーとしての顔を持つ芸術家たちも注目を浴びるようになりました。期を同じくして巨匠達の陰となっていたルネサンスの辣腕画家にもふたたび光があたり始めています。本展は、2004年に故郷ペルージャで開催されたペルジーノの大回顧展をもとに、ウンブリア国立絵画館に残る貴重な板絵を中心とするペルジーノの作品約40点を借りうけ、再調査が始まったばかりの画家の仕事ぶりをまとめてご紹介する国内初の展覧会です。

ペルージャとは?

田英寿選手が最初に移籍したサッカー・チームのある町。チョコレートの産地。紀元前6世紀からエトルリア文明が栄え、紀元前40年にローマ帝国の一部となり、帝国分裂後はビザンツ帝国の配下になり、500年代以降の度重なる支配者交代の時期を経て、12世紀までには自治都市となりました。ルネサンス時代に美術が盛んになり、ペルジーノを代表とするウンブリア画派の中心地として知られています。

開催期間中のイベント

ギャラリートーク

学芸員が会場で作品の説明をします(当日自由参加)

小・中学生と父母対象
5月26日(土) 午後1時30分~
6月9日(土) 午後1時30分~
一般対象
6月2日(土) 午後1時30分~
6月15日(金) 午後6時30分~

主な作品

1473年の工房
《ジョヴァンニ・アントニオ・ペトラツィオ・
ダ・リエーティの娘の潰瘍を治す聖ベルナルディーノ》
ウンブリア国立絵画館
ペルジーノ
《石棺の上のキリスト》
ウンブリア国立絵画館
ベネデット・ボンフィーリ
≪受難具を持つ天使たち≫
ウンブリア国立絵画館
ペルジーノ
《聖ヒエロニムスと聖マグダラのマリアをともなうピエタ》
ウンブリア国立絵画館
ペルジーノ《少年の肖像》
ウフィツィ美術館
©Firenze, Galleria degli Uffizi
©Antonio Quattrone
ペルジーノ
《カナの婚礼》
ウンブリア国立絵画館