Menu

英国シャーリー・シャーウッド コレクション

現代植物画の巨匠展

ボタニカル・アートのルネサンス

植物画(ボタニカル・アートBotanical Art)は、植物学的な記録の手段として草花の構造を正確に描写した絵を意味します。写真や印刷技術の発達により一時衰退の兆しをみせましたが、芸術作品としての魅力を備えた植物画は人々に愛され続け、近年では自然環境保護運動や園芸ブームに伴い再び関心を集めるようになっています。植物画は植物の分類上注目すべき特徴を強調し花と果実、解剖図を一枚の画面に表現するなど、写真を凌駕する情報の提示が可能なことから学術的にも再認識され、今も世界各地で多くの作家が現役の植物画家として活躍しています。この展覧会は個人としては世界最大規模を誇るシャーリー・シャーウッド博士のコレクションから、現代の植物画家による作品121点を紹介いたします。

シャーリー・シャーウッド コレクション
オクスフォード大学で植物学を学んだシャーリー・シャーウッド博士は植物画の普及につとめながら世界各地をまわり、30カ国以上200人以上にのぼる現代の植物画家を発掘・支援しその作品を収集しています。現在、コレクションの総数は600点以上におよび、本展ではその中からシャーリー・シャーウッド コレクションとしては本邦初公開の作品を展示いたします。

開催概要

会期
2006年4月22日(土)~7月2日(日)
月曜定休
会場
損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル 42階
開館時間
午前10時~午後6時(金曜日は午後8時まで)※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般1000円(800円)、
大学・高校生600円(500円)、
シルバー(65歳以上)800円、
小中学生無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
※ 前売り券はチケットぴあ、ローソン、JR東日本の主なみどりの窓口、びゅうプラザ等でお求め下さい。
主催
損保ジャパン東郷青児美術館、読売新聞東京本社
協賛
損保ジャパン
後援
英国大使館
協力
日本航空

開催期間中のイベント

ギャラリートーク

学芸員が会場内で作品の解説をします(30分程度)

小中学生と父母対象
4月29日(土)/5月13日(土)いずれも13:30~
一般対象
5月5日(金)/5月12日(金)いずれも17:30~

主な作品

ステファニー・バーニ
「ディクソニア・アンタルクティカ」
© Shirley Sherwood Collection 2004
マリー・グリアソン
「ひまわり」
© Shirley Sherwood Collection
ブリジット・エドワーズ
「食用酸漿(ほおずき)」
© Shirley Sherwood Collection 1995
バーバラ・オーゼラリー
「木蓮(もくれん)」
© Shirley Sherwood Collection 2001
ポール・ジョーンズ
「エリルデーンの花々」
© Shirley Sherwood Collection
クリスタバル・キング
「ギムノカリキウム・フレイスケリアヌム」
© Shirley Sherwood Collection 1995
アレクサンドル・ヴィアツメンスキー
「紅茸(べにだけ)」
© Shirley Sherwood Collection 2004
パンドラ・セラーズ
「睡蓮(すいれん)」
© Shirley Sherwood Collection 1998
内城葉子
「シクラメン・ペルシクム」
© Shirley Sherwood Collection 1998
ヴィッキ・トーマス
「アデニア・ハスタータ」
© Shirley Sherwood Collection 2001