Menu

第27回損保ジャパン東郷青児美術館大賞受賞記念

池口史子展

静かなる叫び

第27回損保ジャパン東郷青児美術館大賞の池口史子氏の受賞を記念し「池口史子展-静かなる叫び」を開催いたします。
 池口史子氏は1943年に旧満州・大連に生まれ、東京で育ちました。東京芸術大学美術学部油画科(山口薫教室)で学び、同大学院在学中より個展を開催、その後も立軌展、安井賞展、両洋の眼展など数々の招待展やグループ展に作品を出品し1993年には倫雅美術奨励賞を、2002年には両洋の眼展にて河北倫明賞を受賞しています。花をモティーフとした静物画のほか、1980年代後半より手がけた北アメリカの広漠とした大地に広がる光景や寂寥とした町並みを描いた風景画で独自の世界を展開し、近年では受賞作《ワイン色のセーター》に代表される都会的な雰囲気の漂う女性像も手がけています。
 本展覧会では東京芸術大学在学中の初期の作品から新作まで、受賞作を含む約70余点の作品を展示、池口史子氏の画業に迫ります。

開催概要

会期
2005年11月3日(木・祝)~12月11日(日)
月曜定休
会場
損保ジャパン東郷青児美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル 42階
開館時間
午前10時から午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料
一般500円/大学・高校生300円(20名以上の団体は各100円引き)
小中学生無料
主催
損保ジャパン東郷青児美術館
後援
読売新聞東京本社

主な作品

《ワイン色のセーター》2002~03年
《赤い集会場》2001年
《岸辺の操車場》2004年
《黒いドレス》2004年
《WHEAT POOL Ⅱ》1990年
《アマリリスのある花》2000年