Menu

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念

カール・ラーション

スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家

日々を美しく。
理想を生きた手づくりの暮らし。

家族をモティーフにした温かい作品で知られるスウェーデンの国民的人気画家カール・ラーション(1853~1919)。彼は昔ながらの伝統が残るダーラナ地方に「リッラ・ヒュットネース」と呼ばれる家を入手し、妻カーリンとともに理想の家へ改装していきました。その暮らしぶりを描いた画集は現代のスウェーデンのインテリアに深い影響を与え、各国でも翻訳出版されています。本展は、絵画をはじめ、夫妻がデザインした家具やカーリンのテキスタイルなど日本初公開を含む品々を展示し、世界を魅了したライフスタイルに迫ります。

開催概要

会期
2018年9月22日(土)~12月24日(月・休)
休 館 日
月曜日(ただし9月24日、10月1日、8日、12月24日は開館)
会場
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
開館時間
午前10時-午後6時(ただし10月3日(水)、26日(金)、12月18日(火)~23日(日)は午後7時まで)
※入館は閉館30分前まで
観覧料
■観覧料 ( )内は20名以上の団体料金および前売料金
一 般:1,300円(1,100円)
大学・高校生:900円(700円)※学生証をご提示ください
65歳以上:1,100円 ※年齢のわかる物をご提示ください
中学生以下:無料 ※生徒手帳をご提示ください

※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料。被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料。

主な作品

カール・ラーション《アザレアの花》
1906年 水彩
ティールスカ・ギャラリー
Photo:The Thiel Gallery/Tord Lund
カーリンがデザインしたテキスタイル類
カール・ラーション・ゴーデン(記念館)
© Carl Larsson-gården
カールが絵付けしたディナー・プレート
カール・ラーション・ゴーデン(記念館)
© Carl Larsson-gården