Menu

FACE展2018

損保ジャパン日本興亜美術賞展

損保ジャパン日本興亜美術財団の公益財団法人への移行を機に創設された本展は、今回で6回目を迎え、新進作家の動向を反映する公募コンクールとして定着しつつあります。
「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募したところ、全国各地の幅広い年齢層の970名の新進作家たちからご応募を頂きました。五次の「入選審査」と二次の「賞審査」を経て、国際的に通用する可能性を秘めた、入選作品71点(内受賞作品9点)を決定いたしました。
 不確かな社会情勢の中、創作活動には困難を伴いますが、昨年同様に今回の応募作品には、時代の感覚を捉えた、きらりと輝くものが数多くありました。油彩、アクリル、水彩、岩絵具、版画、ミクストメディアなど技法やモチーフは多岐にわたりますが、見る者の心に潤いと感動をもたらしてくれることは共通しています。
会期中、観覧者投票による「オーディエンス賞」の選出を行います。魂を揺さぶる「私が選ぶ1点」を探しながら、楽しみながらご観覧ください。

※本展覧会は展示室内での作品撮影が可能です。
(収蔵品コーナーは撮影不可です。)
<ご注意>
・他のお客様を撮影することはご遠慮ください。
・フラッシュ・三脚の使用はご遠慮ください。
・撮影された作品写真は、非営利目的でのみお使いいただけます。

開催概要

会期
2018年2月24日(土)~3月30日(金)
休 館 日
月曜日
会場
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
〒160-8338 新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
開館時間
午前10時-午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
観覧料
■観覧料 ( )内は前売料金 20名以上の団体は当日料金各100円引き
一 般:600円(500円)
大学生:400円   ※学生証をご提示ください
高校生以下:無料  ※生徒手帳をご提示ください

※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添人1名は無料。被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料。
主催
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社
協賛
損保ジャパン日本興亜
前売券情報
<あちこチケット>
■2枚セット券 1,000円

「FACE展2018」と「VOCA展2018」(3月15日(木)~3月30日(金)上野の森美術館)がセットになったお得なチケット。
【販売期間】2017年12月15日(金)~2018年3月21日(水・祝)まで

◇チケット取扱所

前売券情報
<通常前売券>
■一般 500円

◇チケット取扱所
【販売期間】2018年1月13日(土)~2月18日(日)まで
・東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 受付(あちこチケット除く)

【販売期間】2017年12月15日(金)~3月29日(木)まで

『VOCA展2018』(3月15日(木)~30日(金)上野の森美術館にて開催)の半券提示にて観覧料を100円引いたします。 また本展半券で『VOCA展2018』の入館料が100円引となります。

開催期間中のイベント

ギャラリー★で★トーク・アート【要申込】

休館日に貸切の美術館で、ボランティアガイドと対話をしてみませんか?
作品解説を聞くのではなく、参加者が作品を見て、感じ、思うことを話しながら楽しむ参加型の作品鑑賞会です。

詳しくはこちらをご覧ください

日時
3月26日(月・休館日)
午前10時から2時間程度(対話鑑賞と自由鑑賞 各1時間程度)
対象
大人の方からお子様まで 定員:30名程度
※抽選のうえ当選者のみ3月20日までに参加券をお送りいたします。
参加費
500円(観覧料 不要)
※高校生以下無料、展覧会チケットやその他割引等の利用はできません。

※休館日のため、ミュージアムショップは利用できません。

参加お申し込み方法はこちら

(1) ホームページからのお申し込み

3月12日までに、下記「お問い合わせは、こちら」をクリックし、所定の欄に「氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス」等必要事項を入力し、「お問合せ内容欄」に「FACE展 トーク・アート参加希望 と 人数・各年齢」を入力の上送信ください。

お問い合わせはこちら

(2) 郵送によるお申し込み

ハガキに「郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、人数・各年齢」をご記入のうえ、3月12日必着で下記宛にお申込みください。

申込先
〒160-8338東京都新宿区西新宿1-26-1
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
FACE展 トーク・アート係

審査員(敬省略、順不同)

本江邦夫(多摩美術大学教授)、野口玲一(三菱一号館美術館学芸グループ長)、藪前知子(東京都現代美術館学芸員)、中島隆太(当館館長)

受賞作品

【グランプリ】

仙石 裕美
《それが来るたびに跳ぶ
降り立つ地面は跳ぶ前のそれとは異なっている》
2017年
アクリル・油彩・キャンバス
194×162㎝

【優秀賞】

松本 啓希
《生命の痕跡》2017年
日本画材・寒冷紗・パネル
194×130.3㎝
阿部 操
《The beautiful day》2017年
油彩・キャンバス
190×136㎝
井上 ゆかり
《ふたつの海》2017年
油彩・キャンバス
194×162㎝

【読売新聞社賞】

邱 仁添
《晩餐》2017年
油彩・キャンバス
131×162㎝

【審査員特別賞】

佐藤 凱
《網》2017年
油彩
162×97㎝
上田 葉介
《ぶつかり合う風の形》2017年
油彩
162×194㎝
赤松 加奈
《room 407》2017年
アクリル・キャンバス・パネル
110×160㎝
笹山 勝雄
《西上州の山々》2017年
油彩・キャンバス
162×162㎝

ほか入選者(50音順)

青木万樹子 赤枝真一 秋元はづき 芦川瑞季
熱田隆一 安藤充 池上真紀 石崎百合子
岩井尚子 上浦ヴィクトリア 氏江樹穂 宇野嘉祐
大石勝子 大河原基 おおさわさこ 大島愛
大原和美 大庭孝文 おかもとかおり 小川幸二
荻原賢樹 梶谷令 上岡奈苗 木俣創志
工藤千紘 栗田ふみか 黒石美奈子 小池有乃
小谷里奈 斉藤里香 ササキ永利子 水津達大
末松由華利 菅澤薫 鈴木ほのみ ソン・ヨンジュ
大黒貴之 田中聖良 田沼利規 内藤範子
長尾圭 能登真理亜 羽賀洋子 橋口元
蜂谷真須美 平野ゆうみ 広瀬弘幸 福本久人
藤澤洸平 藤田遼子 藤森哲 町田帆実
松井亜希子 松浦清晴 松浦進 三毛あんり
水谷栄希 宮山香和 矢島史織 山内晃世
山田紫郎 吉田卓史