Menu

青児とパリの美術

東郷青児のコレクションより

1921(大正10)年から1928(昭和3)年までフランスに滞在した東郷青児は、日本にパリの香りをもたらしました。しかし、青児が洋菓子の包装や雑貨に描いたイメージはお伽噺のように理想化されたものであり、戦後、二科会の海外交流展のために再び青児が訪れたパリは、経済や国際情勢の変化の中で大きく変わっていました。当館の収蔵品で構成する本展では、青児が私達の憧れに応えて装飾や印刷物の中に作り上げた甘美なイメージと、現実のパリに対峙した画家として制作した展覧会出品作とを比較展示します。

作品リストはこちら(PDF)

開催概要

会期
2015年11月21日(土)~12月23日(水)
休 館 日
月曜日(ただし11月23日は開館、翌24日も開館)
会場
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
〒160-8338新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
開館時間
午前10時-午後6時(入館は閉館30分前まで)
観覧料、前売券情報
■観覧料 ( )内は20名以上の団体料金 および前売り料金
一般:600円(500円)
大・高校生:400円(300円)  ※学生証をご提示ください
中学生以下:無料 ※中学生は生徒手帳をご提示ください
障がい者とその介護者(1名まで):無料
※障害者手帳「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」をご提示ください。
ただし、被爆者健康手帳をお持ちの方は、ご本人のみ無料です。

■前売券情報
◇「最後の印象派」展会期中、美術館受付で販売しています。
主催
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
協賛
損保ジャパン日本興亜

開催期間中のイベント

ギャラリー★で★トーク・アート【申込は締切ました】

休館日に貸切の美術館で、ボランティアガイドと対話をしてみませんか?
作品解説を聞くのではなく、参加者が作品を見て、感じ、思うことを話しながら楽しむ参加型の作品鑑賞会です。

詳しくはこちらをご覧ください

日時
12月14日(月・休館日)
午後2時から2時間程度(対話鑑賞と自由鑑賞 各1時間程度)
対象
お子様から大人の方まで 定員:20名程度
※抽選のうえ当選者のみ12月 7日までに参加券をお送りいたします。
参加費
500円(観覧料 不要)
※中学生以下は無料です。
※展覧会チケットやその他割引等は利用はできません。

 

※休館日のため、ミュージアムショップは利用できません。

参加お申し込み方法はこちら

(1) ホームページからのお申し込み

11月30日までに、下記「お問い合わせは、こちら」をクリックし、所定の欄に「氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス」等必要事項を入力し、「お問合せ内容欄」に「青児展トーク・アート参加希望 と 人数・各年齢」を入力の上送信ください。

お問い合わせはこちら

(2) 郵送によるお申し込み

ハガキに「郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、人数・各年齢」をご記入のうえ、11月30日必着で下記宛にお申込みください。

申込先
〒160-8338東京都新宿区西新宿1-26-1
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
青児展トーク・アート係

 

主な作品

東郷青児
《赤いベルト》
1953年
油彩・キャンヴァス
東郷青児
《セシル・カット》
1960年頃
コンテ・水彩・紙
東郷青児
《遥かなる山》
1961年
油彩・キャンヴァス
東郷青児
《干拓地》
1966年
油彩・キャンヴァス
東郷青児
《ベランダ》
1977年
油彩・キャンヴァス