Menu

ポール・ゴーギャン

  • 《アリスカンの並木路、アルル》
  • 1888年10月末
  • 油彩・キャンヴァス
  • 72.5×91.5cm

落ち葉の舞う秋の風景を描いたこの作品は、1888年10月、ゴーギャンが南フランスのアルルに到着して間もなく描いたものです。アリスカン(Alyscamps=ラテン語の「天国への道、極楽 Elysii Campi」を語源とする)とはアルルの南東にある古代ローマの遺跡のことで、画面のほぼ中央に古代の石棺が描かれています。

ゴッホも同じ時期にアリスカンを主題とした風景画を4点描いていますが、描かれた時期や構図などから、その内の1点はこの作品を描くゴーギャンと背中合わせに、ゴッホがイーゼルを置いて描いたものと考えられています。

また、この作品に用いられているキャンヴァスは、ゴーギャンがアルルに到着してすぐに購入し、ゴッホと分け合った20メートルの長さの目の粗いジュート地で出来ており、ふたりの関係がうかがえる作品ということができます。

年譜

1848年
6月7日、パリに生まれる。
1849年(1歳)
家族で南米のペルーに移住するが渡航中に父が急死、リマの大伯父のもとで育つ。
1855年(7歳)
フランスに帰国。
1865年(17歳)
商船の見習い船員となり、南米のリオ・デ・ジャネイロ航路につく。
1871年(23歳)
パリの株式仲買商ベルタン商会に勤める。余暇に絵を描きはじめる。
1873年(25歳)
デンマーク人のメット・ガットと結婚する。
1874年(26歳)
アカデミー・コラロッシの夜間部に通う。
1876年(27歳)
サロンに初入選。
1877年(29歳)
印象派のカミーユ・ピサロと知り合う。後にピサロを介してポール・セザンヌ、エドガー・ドガと知り合う。

この頃、家主の彫刻家から彫刻の手ほどきを受ける。
1879年(31歳)
ピサロのすすめで、第4回印象派展に出品する。以後、最終回となる第8回展まで出品を続ける。
1883年(35歳)
ベルタン商会を辞める。
1886年(38歳)
フランス北西部ブルターニュ地方のポン=タヴァンに滞在する。

パリでフィンセント・ファン・ゴッホと知り合う。
1887年(39歳)
パナマ経由でマルティニーク諸島を訪れる。
1888年(40歳)
2度目のポン=タヴァン滞在。滞在中に「綜合主義」の理論を確立する。

10月、ゴッホの誘いに応じて、南フランスのアルルに行く。

この頃、《アリスカンの並木路、アルル》を描く。

12月、ゴッホの「耳切り事件」の後、パリにもどる。
1889年(41歳)
6月、パリ万国博覧会のカフェで「印象派および綜合主義」展を開く。ブルターニュ地方のポン=タヴァンとル・プールデュに滞在。
1891年(43歳)
4月、タヒチに向けて出発(6月到着)。
1893年(45歳)
フランスに帰国。パリでタヒチ滞在中に描いた作品の個展開催。

原始生活を理想化したタヒチ滞在記『ノアノア』に着手。
1895年(47歳)
再びタヒチに向けて出発。
1897年(48歳)
タヒチで長女アリーヌの訃報を受ける。

大作《我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこに行くのか》を描いた後、自殺未遂。
1901年(53歳)
マルケサス諸島のヒヴァ・オア島に移る。
1903年(54歳)
5月8日、心臓発作のため死去。

サロン・ドートンヌで追悼展が開催される。