Menu

財団について

公益財団法人損保ジャパン日本興亜美術財団は、絵画、彫刻等の美術作品を収集し、保存するとともに広く一般の鑑賞に供し、併せて新進の創作を奨励し、もって我が国芸術文化の振興と国民生活の向上に寄与することを目的とし、展覧会事業や教育普及活動、美術家の支援・表彰事業の実施により、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館を運営しています。

当財団は、当時の安田火災海上保険株式会社が新宿新都心に高層ビルを建設する際、同社と関係の深かった東郷青児画伯の協力により美術館開設構想が生まれ、1976年6月に美術館の運営のために設立されました。設立時の名称は、財団法人安田火災美術財団でしたが、2002年7月に株式会社損害保険ジャパンの設立と同時に財団法人損保ジャパン美術財団に改称、さらに、2010年4月に財団法人から公益財団法人への移行に伴い、公益財団法人損保ジャパン美術財団へ名称を変更しました。そして、2014年9月に株式会社損害保険ジャパンと日本興亜損害保険株式会社の合併により公益財団法人損保ジャパン日本興亜美術財団に名称変更しました。

美術界への助成活動

我が国美術界への貢献事業として、新進作家の美術活動に対する奨励のための表彰事業や公募形式のコンクールを行っています。

(1)損保ジャパン日本興亜美術財団賞

損保ジャパン日本興亜美術財団賞は、1977年新進作家の制作意欲を刺激し、日本の美術界に清新の気を注入して、世界に伍する美術水準を期待する目的で財団助成事業として創設されました。賞の授与は公募展を開催している美術団体のうち38団体に委任しています。

(2)FACE 損保ジャパン日本興亜美術賞

公益財団法人損保ジャパン日本興亜美術財団は、1977年に新進作家を育成する「財団奨励賞」、中堅作家を顕彰する「東郷青児美術館大賞」を創設し、各々展覧会を開催してまいりました。
当財団の公益財団法人への移行を機に、35年に及ぶ上記の作家支援活動を継続し、さらに発展させるため、「FACE 損保ジャパン美術賞」を創設、2012年度より公募形式のコンクールを開催し、2014年9月より「FACE 損保ジャパン日本興亜美術賞」に名称変更しました。
応募作品の中から、年齢・所属を問わず、真に力があり、将来国際的にも通用する可能性を秘めた作品を、公平に選考した上で、入選・受賞作品を表彰し、「FACE展 損保ジャパン日本興亜美術賞展」を開催します。グランプリ受賞作品は当館で所蔵し、次回の同展覧会開催時にも展示していきます。また、受賞作家のグループ展を数年毎に開催します。

青少年教育関連

次代を担う子ども達に本物の芸術に触れる機会を持ってもらうため、小中学生の観覧料を無料にしています。小中学校の学校行事として当館を見学する場合、引率の先生は全員無料です。
詳しくはこちらをご覧ください。

青少年向けの教育プログラムとして、「親子のためのギャラリートーク」や「ワークショップ」の開催、展覧会や展示作品を解説した「ジュニア版ブックレット」の頒布などを実施しています。
また、美術鑑賞の楽しさを知ってもらうため、主に新宿区の小中学生を対象に美術館休館日にガイドスタッフ(ボランティア)と共に対話による美術鑑賞教育を支援しています。

情報公開

公告

開示